読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数理生物学

Why Question, Why Answerがいっぱいですよ。おもしろくなってきたじゃん。

鮭の卵問題。

母魚がどんな大きさの卵を産むか。
大きな卵を産んだほうが稚魚の生存率は高い。
小さい卵のほうが数多く産める。

パッチ(餌場)問題。

いくつかの餌場が点在してる。餌場間の移動と餌場の探索の時間配分をどうするか。
一つの餌場当たりにあまりに時間をかけないと移動にばっかりコストがかかる。
食べてると餌が減って次の餌が探しにくくなるので、一つの餌場に時間をかけすぎてもまずい。

どっちの問題も戦略のパラメタとそれに対する利益のグラフが上に凸なので、ある中庸な最適値におちつくわけです。

生物界に下に凸な問題はないのか。下に凸な問題はとっくに消えるか発散するかして、みな消えてしまったからだろうか。下に凸な問題もパラメタをもっと広くとればみな上に凸になるからだろうか。