読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

flymake-haskellの導入

flymake-haskellを導入するにはEmacs Wikiの該当ページを参考。
ついでにエラーメッセージをミニバッファに表示するように設定します。

ただhaskell-modeもミニバッファを利用しているので衝突。
なにせhaskell-modeはアイドルになって0.5秒後にミニバッファにヘルプを表示するという仕様のため、flymake-haskellのメッセージが即座に消えてしまいます・・・。

どういう処理をしてるのかhaskell-modeのソースを呼んでみるが、複雑な処理をしていてすぐには流用できなさげ。
しかし、実験しているうちにsit-forの挙動がわかってきたので、以下のようにメッセージを出したら最後に待つことで、許容できる動作をするようになりました。

  • なにもない行にカーソルを止めればhaskell-modeのヘルプが出るし、
  • C-c d すれば60秒間はflymake-haskellのエラーメッセージが出続ける。
  • カーソルを移動すればエラーメッセージは消えてヘルプが出る。


これにてflymake-haskell問題はとりあえず解決。他の方法があったらぜひ教えてください。

 (global-set-key "\C-cd"
                'flymake-show-and-sit )
 
 (setq haskell-doc-idle-delay 0.1)
 
 (defun flymake-show-and-sit ()
  "Displays the error/warning for the current line in the minibuffer"
  (interactive)
  (progn
    (let* ( (line-no             (flymake-current-line-no) )
         (line-err-info-list  (nth 0 (flymake-find-err-info flymake-err-info line-no)))
         (count               (length line-err-info-list))
         )
    (while (> count 0)
      (when line-err-info-list
        (let* ((file       (flymake-ler-file (nth (1- count) line-err-info-list)))
               (full-file  (flymake-ler-full-file (nth (1- count) line-err-info-list)))
               (text (flymake-ler-text (nth (1- count) line-err-info-list)))
               (line       (flymake-ler-line (nth (1- count) line-err-info-list))))
          (message "[%s] %s" line text)
          )
        )
      (setq count (1- count)))))
  (sit-for 60.0)
  )
 
 ;; Auto enter flymake
 
 (add-hook 'haskell-mode-hook
          '(lambda ()
             (flymake-mode)))