花背電波塔

山がいくつも、遠いほど薄く、墨絵のように重なった向こうに、京都市街と琵琶湖が見渡せます。潅木や花や蛇がいます。世捨て人の視点っぽかったです。