読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解析力学

堀内先生はラグラジアンをどうやって一回生に教えるんだろう。

解析力学とは何か。

  • 進んだ形の力学。複雑な問題を速く解ける。役に立つ。
  • 力学を数学的にきれいに整備し、量子力学統計力学への扉を開く。

授業内容。

  • 仮想仕事の原理。
    • 系の束縛を破らない範囲の仮想変位たちを考える。これで拘束条件を考慮しなくてもよくなる。
    • 与えられたベクトル量の代わりに、設計されたスカラー量を扱う。

一回生の僕ならこれを聴いてどう思ったか。