読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己存在論

一番前の席しか空いてなかった。歴史紹介で、予備知識のない僕にはチベット語のありがたいお経のようだった。途中で帰っちゃった。